So-net無料ブログ作成
検索選択

Squier J Mascis Jazzmaster [Guitar]

15665525_1209844742427620_6235567635413444895_n-1.jpg2016年9月に購入したのだ。ワタシの好きなギタリストにNels Clineというギタリストがいて、彼が使用しているのがフェンダーのジャズマスター。隅から隅までJazzmasterを使いこなしている男である。まずは以下の動画を見てみよう。

https://www.youtube.com/watch?v=BOb3Crrlfh0&t=316s

ワタシの好みにドンピシャな音楽を奏でていて、ジャズマスターに興味を持ったところで2016年夏のギターマガジンのジャズマスター特集。そこでこのギターがべた褒めだ。また、このギターを買ったワタシの友人もべた褒めである。サウンドハウスのレビューもべた褒めである。そうこうしているうちにヤフオクに出品されたのだ。しかもほとんど弾いてない奴。J Mascisのシグニチャーモデル。ダイナソーJrというグランジオルタナ系ロックバンドのギタリストである。風貌はカリフォルニアの白髪ロングヘアにベースボールキャップのゆったりとしたおじさんだが、音楽は好きだ。
https://www.youtube.com/watch?v=TgTJtdn6VjM

ちょうどワタシの誕生日にうちにやってきたこのSquierのジャズマスター、ビッカビカの新品同様。見れば見るほど作りが良い。フェンダーの廉価版ブランドであるスクワイア、ある時期のはネックもフニャフニャでフレット処理も甘くてとても買う気になれない代物が多かった。しかし・・・これ!きっちりと組み込まれたパーツ、抜群のフレット処理。ただ、電気パーツはいただけないのでいつものリペアショップ、川崎のフレイムスにてポットをCTS、スイッチやジャックをスイッチクラフトに。
昨年からかなりの頻度で仕事で使ってるのだが、全く問題ないどころか、独特な立ち上がりの良いすばらしいサウンド。アームを使ってもピッチは安定。このアノダイズドピックガードもサウンドの良さに一役買ってるのだろう。名前の通り、ジャズやるのにも最適。Nels Clineじゃないけど、String behind the bridgeがとにかく使える。掻きむしってもいい!
想像力をめちゃめちゃかきたてる、素晴らしい一本。中国製のSquier、今となってはびっくりするほど素晴らしいブランドになったのである。
16426009_1246747528737341_3125476227159776677_n.jpg
ただ、難点は・・・・これが入るケースがない!探しに探して以下のリンクのIbanezのギグバッグを発見!ただ長持ちしなそうである。




ワタシ参加のアンビエントジャズユニットはこちら

Zvex Instant lo-fi junky [Modulation]

15181604_1180681698677258_2701475819341094246_n.jpg
およそ3年ぶりの投稿である。なぜならパスワードを忘れてしまったから!
コーラスペダル遍歴は、TCのSCFコーラス(98年、LAはサンセットのギターセンターでおよそ300ドルで購入)、EWS"Arion Chorus"(売却済)など。
これは厳密にはコーラスではないのだ。どちらかというとビブラートに近い?なにか得体の知れないペダルである。とにかく、ローファイになる。懐かしい1930年代のレコードのようなサウンド。全く万人向けではないし、高いし、おすすめはしないのだが、ワタシのサウンドには必要不可欠である。
以下の動画見て惚れ込んだのだが・・・・
https://www.youtube.com/watch?v=kZYBpOwNGZU
難点はオンにすると結構シーーーーーッというノイズが乗るのだが、それもまたローファイ感があっていい。
とにかくZVEXというのは凄まじく音楽的なペダルを作るブランドである。

ワタシは基本的にはジャズギタリストなので普段の演奏には持ち歩かないが、Cyber Monk、Ghosttown、trilogueというワタシリーダーの幾つかのバンドではよく使っている。土屋秀樹のスケジュールチェックして聴きに来るとよろしい!面白いよ!



TC Electronic Ditto x2 Looper [Looper]

14088659_1094715127273916_8625375929597672489_n.jpg大きい・・大きすぎる・・が、最初の印象。通常のDittoLooperをすでに所有していたのであるが、ワタシの求めるルーは、Line6のDL4付属のルーパーのように、リバースと1/2スピードが使えること。まさにそれをかなえるルーパーが登場したのである。これが発売されるというニュースを聞いたときに、「DittoLooperの2倍の大きさなんだろうな」と根拠なく思っていたワタシが、実際に横浜イシバシにて実物を見たときの驚愕はいかほどのものであっただろうか!
これを使ったワタシの演奏としては、以下のCDで聴ける。ガンガンポチってくれ!売れればペダルが買える!
●石川真奈美"Way of life"の中の"Blackbird"

●アンビエント・即興ユニットHUESのなかの何曲か



Mooer Repeater [Delay]

securedownload-4.jpeg久々の投稿は!Mooer”Repeater”。デジタルディレイである。電車移動時にはオールインワンのZoomMS70CDRを使っていたのであるが、やはりリアルタイムでいろいろいじりたいので、単体の小さなディレイを探していたところ・・・これ発見。同じデジタルディレイでReechoと言うのもあったのだ。これを選んだのはディレイ音にモジュレーションがかけられるところ。普段のメインのペダルボードにはMXRのCarbonCopyが入っていて、モジュレーションの掛ったディレイ音がいたく気に入ってるわけで。このペダルはLine6の"Ecopark"を参考にしたらしい。逆回転も付いていればいうことないんだけど。。
し・か・し!サウンドは別物!Repeaterはさすがデジタル!帰ってくるディレイがクリスタルクリア!うひょう!ここ数年、ずっとアナログディレイばかりだったので凄い新鮮!はっきりしたディレイは、アナログには出せないので、これはこれで気に入ってしまった!80年代から90年代初頭のLAフュージョンサウンド!?あとはU2とか。最近はアナログのディレイが流行ってるけど、デジタルもいいわ!!というわけでおすすめ!
難点はレベルとフィードバックのつまみが小さすぎて微調整しにくいところ。見にくいつまみは相変わらずの100円ショップシールで対処。また、どうでもいい点であるが塗装がはげ易い。
ただ、音は気に入ってるので、電車で演奏に行く時は必ずついてくるはずだ!
(2014年3月、アマゾンギフト券使って5350円で購入。)


エフェクター ブログランキングへ


tc electronic Hall of Fame mini [Reverb]

%E5%86%99%E7%9C%9F%201-2.JPGさて、今回ご紹介いたしますのは、TCのリバーブ。"ホール オブ フェイム ミニ"。またアマゾンギフトで入手。
実は前に紹介したが、普通のサイズのHallOfFameを気に入って愛用していて、でっかいほうのペダルボードにはそれが組み込まれているのである。リバーブに関しては、飛び道具的な使い方はしないし、アンプに付いてるリバーブのようなサウンドが出てくれればいいので、この小さいほうのホールオブフェイムには興味があったのである。電車移動用にはZoomのMS70のリバーブを使っているのである。それはそれで良いのだが、普通のジャズの演奏ではリバーブしか使わないし。特にランチボックスアンプにはリバーブがないので、この小さなリバーブを横のポケットに入れていけば軽いし、良いじゃん!というわけでポチっと。PCやiphoneを経由して細かく設定も出来るのだが、ワタシはスプリングリバーブの設定。サウンドは普通。普通が一番良い!とにかくつまみが一つなので潔く使いやすい。もちろん、電池は使えないのでアダプター必須であるが、それをさておいても使いやすいのである。演奏する店のアンプにもリバーブは付いてるが、壊れてたりするから、これを持っていけばオッケー。そんなに深く掛けないから良いんです。普通に良い音でリバーブがかかってくれる。基本的にはこれとMooerPureBoostかLovepedalAmp50とこれで対応!!!というわけで、おすすめ!
※大きいほうのHallOfFameの記事はこちら↓
http://mango-rain.blog.so-net.ne.jp/2013-05-05-1


人気ブログランキングへ


TASCAM TC-1S [Tuner]

002.JPGさて、より一層ネタがないので、先日ワタシが購入したチューナーを紹介しよう。ある日、渋谷へ行ったのでイケベ楽器に立ち寄ったのである。基本的にお金がないので楽器屋ではカタログもらったり、エフェクターを眺めるだけである。この時もそのつもりだったのだが、ふと入口の段ボールに目を遣ると、このチューナーが498で投げ売りされてたのである。で、で、でも、今アマゾンで見たら、こちらでも安いね。。がーーん。。
まあそれはさておき、これはソーラーパワーである!いいね!エコ!


2017.7追記:人にあげてしまった!

人気ブログランキングへ


Boss Dr. Beat DB-90 [Metronome]

004.JPGさて、だんだんネタが無くなってきたので、ワタシが練習に使ってるメトロノームを紹介しよう!幼少のころよりフルートを習っていたワタシだが、当時1970年代後半はねじまき式の振り子メトロノームを使っていたのである。子供心にも構造が楽しく、ガチャガチャいじっていたのである。時は経ち、96年にGITに行ったときには向こうでSeikoのクオーツ式メトロノームを購入。音が良くて気に入っていたのである。テンポもダイアルで変えられるし。
その後、10年ほど前に新たなメトロノーム購入を迫られ、そこで買ったのがコレ!やはり、ダイアルでテンポを変えられるのが良い。音はまあいいかな。ほんとは、コツコツした音がいいんだけど。色々できるから、いろいろな練習にうまく使えるのである。まあ、いいメトロノームである。

人気ブログランキングへ


Diago Commuter [PedalBoard]

102.JPG最近は電車での移動が多いワタシ。でも、ペダルを使いたいのである。それ用に小さなセットも作ってあるのだが、店にアンプがあるならば、出来ればフルセット持参したい。
今までのボードは、よく楽器屋さんに置いてある箱タイプのやつ。ギターを抱えた若者がステッカーとか貼って持ち歩いてるやつ。見た目がかっこいい!そのようなものをずっと使っていたのだ。難点はポケットなどないので、ケーブル財布、電話その他を入れるカバンが別に必要な点。また、ショルダーストラップなどないので手でもつしかないのだが重いし持ちにくい。良い点としては頑丈である、その上上に座れる点。
ショルダータイプのエフェクターバッグもあるのだが、中のボードが貧弱だし。ペダルトレインもよいのだが、もとから高さがあるため、脚の短いワタシには微妙に使いづらい。
そ・こ・で!コレ!イギリスのメーカー(生産はたしか中国)、DiagoのCommuter。ちょうどワタシの使っていた箱タイプとほぼ同じ大きさの90W×260D×17H mm。ショルダーストラップつき。大きなポケット付き。また、中の板が軽くて頑丈!というわけで、埼玉の楽器屋さんから代引き7000円弱で購入。結局画像のようにぱつんぱつんに入れてるので重いことは重いのだが、ショルダーストラップで袈裟がけにかけて、ポケットにケーブル、財布、電話など入れて、背中にギターを背負って自転車に乗れるのである。頑丈さに関しては箱のほうがイイのだが、この機動性が素晴らしい。また、板に付いている布?が物凄い強度でして、ペダルががっつり貼りつく。
というわけで、ペダルの多い、電車移動派におすすめ!

[2017年2月追記]
結局、カバンの取っ手がちぎれ、穴が開き、ボード自体に問題ないが、運搬に支障が出たため、Pedaltrain metro 20に買い替えた。

http://www.diago.co.uk/

人気ブログランキングへ
033.JPG034.JPG035.JPG
※過去のペダルボード
201204 (2).PNG201204.PNG201102.JPG201302 (2).JPG200904.JPG

BEHRINGER B205D [Amp]

022.JPGさてさて、ボーカリスト&ギタリストに朗報!PAのないお店や施設などで演奏依頼され機材持込の場合、ギタリストは大体アンプを所持しているので問題ないが、ボーカリストは大変だと思うのである。人によってはギターアンプにマイク突っ込んでいいか、との無茶を言う人もいるが、それではどう考えてもいい音にならないし、ワタシとしても貸したくないのだ。。または、オールインワン簡易PAシステムも有るにはあるが、重たいし、歌用に50wとか70wだと(ワタシが思うに)よいサウンドにならないし。
そ・こ・で!これ!わが師匠お勧めのモニターアンプ。「土屋くんね、これ、歌だけでなくギターも突っ込めるから、歌とのデュオのときなんかイイよ!」と言われ、ワタシの周りにおススメしたところ、意外と好評なのである。先日、ワタシも借りてみたのだが、150wのパワーは素晴らしい。テニスコート2面分くらいの場所での演奏だったが、ボーカルはこれ、ギターはランチボックスで完璧。余裕の150wのパワーがあるので無理なく音を出せる。その上、3.2キロ!ランチボックスのギターアンプより軽い!しかも、安い!
値段が値段なので、リバーブがないが、今は安いボーカル用リバーブもあるので、それがあればオッケー!




Lovepedal Amp50 [Overdrive]

%E5%86%99%E7%9C%9F-2.JPG2013年最後の買い物。またもやアマゾンギフトカードで購入。一年ほど前にワタシの生徒さんが教室に持参してくれたので、試奏。なかなか良い印象を持ったのだが、ゲインのつまみしかないし、使いにくそうだなと思ったのである。ただ、EPのような使い方をしたら良さそうだなとは思った。マーシャルの音になる、と言うしw。といっても、マーシャルはJCM800しか使ったことないが。
そこで熟考の末ポチる(12/28)。12/29到着。その日は2013年の最後の演奏の日で、楽器を持って家を出たら顔見知りのヤマトのお姉さんが!その場で受取り、箱ごと鞄につめ演奏に向かう。
その日はソロギターなので多分使わないだろうと思いつつ、繋げてみる。アンプはお店のポリトーンミニブルート。とりあえず、ゲインゼロでスイッチオン。がががーーん、EP以来の衝撃!!音がふくよかに、かつ前に出る!曲によってゲインを上げたり試しながら弾いてみた。12時くらいから歪み始め、ワタシの好みの歪みは4時くらい。エンディングなどで全開にしてみた。基本的に9時くらいでクリーンな音をメインに。つまみ一つなので、直感的にプレイできる!ブースター的なものから歪みまでこれ一つでしかも可変的に変えられるので重宝。音色は3時くらいまではTSっぽい感じですな。全開にすると荒い歪みになる。これは、よい買い物をした!
つづく・・・・・・・

2014.1.24補足
ワタシ的Amp50とアンプの相性の良しあし(どれもつまみはゼロ)
●Luchboxナイス!
●FenderBluesJr.ナイス!
●JC120うーーー、いまいち。低音出すぎ。相性悪し。
●PolytoneMegabruteナイス!



人気ブログランキングへ