So-net無料ブログ作成

Squier Vintage Modified Jaguar [Guitar]

17760182_1308239152588178_2025351487127468932_n.jpgSquier Vintage Modified Jaguar
2017年中古購入。スクワイア3連発。JazzmasterとDuo-Sonicの作りが良かったのでこれも!一言で言うと、ジャガーそのものですヨ。12のセットの弦張ってますが、それでも6弦のみ弦ずれがたまに起きる。サステインはあまりなく、重たい。しかしながら、それがとっても良くて、深夜風呂上がりには思わず手にしてしまう。なんか可愛く気軽に弾けるんですよ、音も変(いい意味で)でチープだけど!演奏の仕事でもたまに使うのだ。インドネシア生まれ!

改造場所は、ポットとジャック。いつものリペアショップ川崎FlamesにてCTSとSwitchcraftに交換。ブリッジもMastery Bridgeに交換したいが・・・他に優先順位の高いものがあるので保留中。



収納可能なソフトケースは・・・・


ワタシがJaguarに張っているのはこの弦(なんとなく男らしくていい!?)

Squier FSR Vintage Modified Duo-Sonic [Guitar]

14956509_1160462560699172_8466558630858909828_n.jpgSquier Vintage Modified FSR Duo-Sonic
2016年9月に購入した、Squier J Mascis Jazzmaster (Made in China)が物凄くよかったのだ。それから中国生産のスクワイアに興味を持ったのだ。寝る前にちょっと弾ける、肩肘の張らない軽くて小ぶりなギターは前から探していた。 そこでヤフオクを放浪した結果見つけたのがこれ。2016年10月に落札。ジャズマスターもそうだったが、これもほとんど弾かれていないやつ。
とにかく軽い!しかし音も軽い!アンプ通すと音の軽さが際立つ。このギターの軽さとトップローディングのせいなんだろう。しかしそれがデュオソニックなのだ!が、しかし諦めてはいかん、弦をダンロップの011〜050のセットに(ダダリオが011〜049)。ブリッジのコマは以前もらってうちで余っていたウィルキンソンの弦長補正用の少し重たいやつに替えてみたら、しっかりとなるようになった!
ミディアムスケールとショートスケールの中間くらい。もちろんポリ塗装。フレット処理良好。ただネックの塗装が厚いかな?あまり気にならないけど。ペグは白ボタンのクルーソン。
というわけで、レッスン時(たまに演奏で)や風呂上がりの寝る前のちょい弾きに大活躍!体への負担が少ないので、長時間弾いてもくたびれない!
ジャズマスターとこのデュオソニック買ってみて思ったのは、最近の中国製ギターのクオリティだ。間違いなく上がっている。ワタシの周りでもそんな意見が多い。ペダルも同様である。もちろん、国産のものはより真面目にしっかりと作られていて素晴らしいのだが、中国製はアメリカンないい感じの適当さがしっかり継承され、実に音楽的な良いものに仕上がっている。これを機会に世界が平和にならないだろうか?

[2017.7追記]
2017春にワタシ御用達の川崎のリペアショップ、Flamesにて電装関係総取り替え。ポットCTS、ジャックSwitchcraft。

リンクが見つからなかったので・・・・以下本家Fender (MIM)のデュオソニックである。こちら弦も裏通しで良さげ・・・・・


弦はこちらがデュオソニックにはオススメ!

Squier J Mascis Jazzmaster [Guitar]

15665525_1209844742427620_6235567635413444895_n-1.jpg2016年9月に購入したのだ。ワタシの好きなギタリストにNels Clineというギタリストがいて、彼が使用しているのがフェンダーのジャズマスター。隅から隅までJazzmasterを使いこなしている男である。まずは以下の動画を見てみよう。

https://www.youtube.com/watch?v=BOb3Crrlfh0&t=316s

ワタシの好みにドンピシャな音楽を奏でていて、ジャズマスターに興味を持ったところで2016年夏のギターマガジンのジャズマスター特集。そこでこのギターがべた褒めだ。また、このギターを買ったワタシの友人もべた褒めである。サウンドハウスのレビューもべた褒めである。そうこうしているうちにヤフオクに出品されたのだ。しかもほとんど弾いてない奴。J Mascisのシグニチャーモデル。ダイナソーJrというグランジオルタナ系ロックバンドのギタリストである。風貌はカリフォルニアの白髪ロングヘアにベースボールキャップのゆったりとしたおじさんだが、音楽は好きだ。
https://www.youtube.com/watch?v=TgTJtdn6VjM

ちょうどワタシの誕生日にうちにやってきたこのSquierのジャズマスター、ビッカビカの新品同様。見れば見るほど作りが良い。フェンダーの廉価版ブランドであるスクワイア、ある時期のはネックもフニャフニャでフレット処理も甘くてとても買う気になれない代物が多かった。しかし・・・これ!きっちりと組み込まれたパーツ、抜群のフレット処理。ただ、電気パーツはいただけないのでいつものリペアショップ、川崎のフレイムスにてポットをCTS、スイッチやジャックをスイッチクラフトに。
昨年からかなりの頻度で仕事で使ってるのだが、全く問題ないどころか、独特な立ち上がりの良いすばらしいサウンド。アームを使ってもピッチは安定。このアノダイズドピックガードもサウンドの良さに一役買ってるのだろう。名前の通り、ジャズやるのにも最適。Nels Clineじゃないけど、String behind the bridgeがとにかく使える。掻きむしってもいい!
想像力をめちゃめちゃかきたてる、素晴らしい一本。中国製のSquier、今となってはびっくりするほど素晴らしいブランドになったのである。
16426009_1246747528737341_3125476227159776677_n.jpg
ただ、難点は・・・・これが入るケースがない!探しに探して以下のリンクのIbanezのギグバッグを発見!ただ長持ちしなそうである。




ワタシ参加のアンビエントジャズユニットはこちら

Hohner G2T [Guitar]

 securedownload-4 (2).jpegワタクシのメインギターはテレキャスターであるが、このギターもお気に入りである。Hohner社のG2T。"T"はトレモロ(うにょうにょ音を揺らす棒)の意味である。スタインバーガーのギターのライセンス品であるが、すべて木で出来てるため、ジャズミュージシャンの間では、本家のグラファイト製のものより良く使われている。その上、本家は非常にお高いので。。ワタシのは、ヤフオクにて19800円にて北海道の楽器屋よりゲット。その後、ワタシ御用達のリペアショップ、フレイムスにて調整。ポットと配線のみ総入れ替え。ピックアップは、EMGそっくりの外観のパッシブ。これが意外とイイのでそのままである。立ち上がりもよい。
 24フレットもあるので、たまにびっくりする。ヘッドがないのも、すぐに慣れた。ただ、トレモロのスプリングがへたっているのか、トレモロ使うと大変ピッチが狂うので、固定して使用。
 ワタシの好きなMick Goodrickが以前使用していた。これとローランドのキューブアンプを自転車に積んで演奏に行っていた、というのは有名な話である。もちろんワタシもやってみたのである。
 純正のソフトケースは、ぺらぺらの上、一方の肩に掛けるタイプだったので、リッターのソフトケース(イケベにて5000円位)を購入。A4の譜面(チャックは閉じられない)、ZoomMS70、MooerPureBoost、電源アダプター、GeorgeL`sのケーブル、折りたたみ財布、iphoneを入れることができた。これをリュックのように背負うのである。か、か、軽い!!
 というわけで、ギターのない場所でのレッスンやリハ、ライブなど幅広く活用されてるのである。しかし、このギターの見た目ゆえ、手を抜いてるのではないか、と人に思われることがあるが、それは心外で、実に良いジャズ向きのサウンドを持ったギターなのだ。また、渋滞中や、現場に早く着いてしまった時に車の中で弾くことができる。
 それから、普通の弦を張れるようにストリングアダプターも購入。これがないと、特殊な弦を買わねばならぬ。ワタシは、これにはダダリオかエリクサー(共にコーティングしてあるやつ)の010のゲージの弦を張っている。あんまり意味はないけど、テレキャスやフルアコより一回り細いやつ。
securedownload-4.jpeg




人気ブログランキングへ