So-net無料ブログ作成
Multi Pedal ブログトップ

ZOOM MultiStomp MS-70CDR [Multi Pedal]

016.jpg満を持して買ったのである。Zoomのマルチストンプ、CDR。アマゾンのギフトカードも貯まったし。
これを買った理由としては、荷物の軽量化。ワタシはメインのペダルボードがあり、そこには様々なサウンドと夢と希望が詰まっているのだが、非常に重たい。それに、いわゆるオードソックスじゃなくてオーソドックスなジャズの演奏で、かつお店にアンプがあり、電車で行ける場合には、リバーブとEPboosterしか必要ないので、ボードからTCのリバーブとEPを外して持っていくのである。でも、たまにはここでディレイかけたいな、とか、トレモロかけてゆらゆらしたいな、とか、爽やかにコーラスかけたいな、と思うわけですよ。それに、外したのをいちいち元に戻すのも面倒。
 
 そ・こ・で!!これ!はい、出ました、Zoom Multi stomp CDR。半年ほど前からワタシの周りで話題になっていたのだ。ワタシが人柱になろう、というわけで購入。
 アンプシミュレーターや歪みなど入っていない、純粋な空間系ペダル(コーラスやディレイ、リバーブなど)のみ86種類。歪みはやはり手慣れたTS9を使いたいうえ、基本的に日常での演奏で歪みは必要ないので、他のシリーズではなく、これ。
ワタシがこのペダルに求めるのは、
1、 基本的にほんのりかけっぱなしの普通のリバーブ。
2、 残響を若干強調するためのディレイ
3、 ストリングスのサウンドを出すためのディレイ
4、 3を太くするためのコーラス
5、 曲調によってトレモロ、爽やかなコーラス。
である。
そして、これらを簡単にオンオフできること!

 以下、レビューを書くのだが、ワタシの主観なので真に受けないように!また、これは2013年6月時点でのレビューなので、随時内容をアップデートしていくつもり。
 というわけで、とりあえず4つのパッチを作ってみた。ひとつのパッチに、最大6つのエフェクターを繋げることができる。
A:[Spring63]のみ
B:[CloneCho][AnalogDly] [Spring63]
C:[DuoTrem][CarbonDly] [Spring63]
D:[ANA234Cho] [Spring63]
 [Spring63]はフェンダーの、[CloneCho][AnalogDly]はエレハモの、[CarbonDly][ANA234Cho]はMXRのシミュレートだろうね。[DuoTrem]はなんだろうか。あとはBossとかEventideなどのが入っている。
 パッチは合計50種類作れるようだ(そんなに作ってないので未確認)。それらのパッチにはABCD…..のアルファベットを振ることができ、パッチ選択画面を表示しておけば、フットスイッチを踏むごとに、ABCD….の順にパッチを切り替えることができる。任意のパッチを選択しパッチの中身表示画面にすれば、中のエフェクターをそれぞれオンオフできる。ディレイにはオフにしてもディレイ音がぶちっと切れないTail機能が付いていてよい。し・か・し、パッチごと切り替える場合は、それが効かない。例えば、上のパッチBにはワタシはロングディレイを設定してるのだが、そのままパッチをCに切り替えると、ディレイが途切れてしまう。Bのパッチの中身の表示画面を出している中でのオンオフは、きちんとTail機能が効いていて良いのだが。。これは技術的に無理なのかな?

音質:それぞれのエフェクターの元になったやつをほとんど使ったことがないのでわからないが、2,3回実際の演奏で使ってみた結果は問題なさそうである。リバーブは、所有のLine6M9の63reverb、TcのHall of fameのSpring modeで比較してみたが、あまり違いはないような?CarbonDlyも元になったMXRに比べそん色ないようである。
 個々のエフェクターの設定は、つまみをぐりぐりするだけなんで、使いやすい。また、元の機種にはなかったり、調整しにくかったパラメーターなども、付いているので良いかと。それぞれのエフェクターのパラメーターの詳細はこちらからダウンロードできる。ワタシはダウンロードして毎晩眺めている。
http://www.zoom.co.jp/products/ms-70cdr/downloads/

 また、フットスイッチ長押しでチューナー画面にも。キャリブレーションも調整できるので良いのだ。ただ、大雑把なのでわかりずらいので、ワタシはヘッドストックにつけるやつを使用している。

プリセットも充実していて、そのままだと効果が強すぎるが、それを自分用にカスタマイズするのも楽しい。


見た目:普通。昔のズームの安っぽいプラスチックよりは高級感がある。ちとでかいがこればかりはしょうがない。裏側に2か所、滑り止めのゴムが張ってあるが、このために、ボード固定用マジックテープは張りにくい。
重さ:350g。これで軽量化はばっちり!

ちなみにワタシの作ったパッチ、Aはリバーブのみの通常モード用、Bはロングディレイと深いモジュレーションをかけて、深海のようなボリューム奏法用、CはFrisell的にトレモロで音をゆらゆらかつ淡いディレイをかけたやつ、Dはあんまり使わないけどたまに掛けたくなる爽やかコーラス用。あとは、4度、5度や短3度、オクターブ上や下のも作ろう。あ、あと、ステレオ対応のも作ろう!あー楽しいなあ!

というわけで、ワタシ的には今のところ、非常にお勧めである。いくつかプリセットを作っておいて、それを切り替えてくのが一番やりやすいかな。
もちろん、メインのが一番いいのだが、、、これに取って代わりそうな勢い。みなさん、さあさあ、かいなさいかいなさい、ほれほれぽちっと。

以下7/16/2013補足
買ってからおよそ2カ月。使い方がだいぶ定まってきた。アンプが置いてあるお店での演奏や、ランチボックスを持ち込む場合でオーソドックスなジャズの演奏時はは、最小のセット(EPBooster+MS-70)で、リバーブのみ掛けたプリセットと、リバーブとディレイ、トレモロをかけたプリセットを切り替えながら使う感じである。
自分のバンドでは、メインのペダルボードのお尻にこれを繋げて、ピッチシフタ―、ロングディレイ+コーラス、ShimmerReverb、MangledSpなどを切り替えて使う。いずれの場合も、可能な限りステレオアウトしている。ステレオとモノラルの切り替えが一発でできると嬉しいのだが。
電池に関しては一度も使ってないのでわからない。電源はうちにあった、ローランド ACアダプター PSA-100SかVocuのBabyPowerPlantから供給。問題なし。一応自己責任でお願いします。


2017.7追記:結局、マルチはリアルタイムでの操作ができないので、友人に売りました。。。



空間系以外も入っているモデル
ブルートゥース版



※おまけ:ワタシの最小ペダルボード
012.jpg


人気ブログランキングへ

Line6 M9 [Multi Pedal]

039.jpgLine6 M9。以前お気に入りだった、Line6のDL4が壊れたため(中身は大丈夫なのだが、スイッチの調子が悪い)、代替として横浜イシバシ楽器にて購入。手持ちの使わないペダルやらミキサーやらを売って購入資金にした。
基本的に、ルーパー機能がよい。ループした音を逆回転にしたり半分のテンポにしたり出来るので、Frisell的空間的世界を作りやすい。ほぼDL4とおんなじ使用感。
ペダルのほうは、ワタシが普段使っているペダルボードと同じようなものを設定。Delay(薄いリバーブ替わり)、Delay(ボリューム奏法用のロングディレイ)、Delay(逆回転)、Reverb、DimentionChorus(ボリューム奏法時のモジュレーション用)、Chorus(Abercrombieぽいサウンド用)、PitchShifter(オクターブ上)などを設定している。歪みは使っていない。サウンドは、通常の演奏時に全く問題なく使える。というか、ワタシはLine6好きだから。
マルチなんだけど、ノブを使ってその場でいろいろ変更できるのでその点使い勝手はよろしいが、ノブが小さいので微調整しにくい。
チューナー機能も便利。ステレオイン・ステレオアウト。見た目も堅牢でカッコいい。
難点は、、、他でもさんざん言われている通り、電源アダプターがで・か・い!一度アダプターを忘れた時にBossの9Vで代用してみたが問題なく使えた。試す人は自己責任でおねがい!
重たいのであまり登場機会はないが、良いペダルだ!

[2017年7月追記]2015年、友人の元へ嫁ぐ。。手放さねば良かった。。しかし、これを手放すことによりストラトが買えたのだ・・・・


Multi Pedal ブログトップ