So-net無料ブログ作成
検索選択

BEHRINGER B205D [Amp]

022.JPGさてさて、ボーカリスト&ギタリストに朗報!PAのないお店や施設などで演奏依頼され機材持込の場合、ギタリストは大体アンプを所持しているので問題ないが、ボーカリストは大変だと思うのである。人によってはギターアンプにマイク突っ込んでいいか、との無茶を言う人もいるが、それではどう考えてもいい音にならないし、ワタシとしても貸したくないのだ。。または、オールインワン簡易PAシステムも有るにはあるが、重たいし、歌用に50wとか70wだと(ワタシが思うに)よいサウンドにならないし。
そ・こ・で!これ!わが師匠お勧めのモニターアンプ。「土屋くんね、これ、歌だけでなくギターも突っ込めるから、歌とのデュオのときなんかイイよ!」と言われ、ワタシの周りにおススメしたところ、意外と好評なのである。先日、ワタシも借りてみたのだが、150wのパワーは素晴らしい。テニスコート2面分くらいの場所での演奏だったが、ボーカルはこれ、ギターはランチボックスで完璧。余裕の150wのパワーがあるので無理なく音を出せる。その上、3.2キロ!ランチボックスのギターアンプより軽い!しかも、安い!
値段が値段なので、リバーブがないが、今は安いボーカル用リバーブもあるので、それがあればオッケー!




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ホシノ

気になってたやつですね。M社のパクリ感は、ありますが値段も安くていいですね。いまは、ADDの100wのアンプにベリンガーのミニミキサーでまとめた音を送ってます。これも悪くはないですよ。
by ホシノ (2014-02-17 15:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。